デトックスウォーター、自家製酵素ドリンクは危険

ホームに戻る --> デトックスウォーター、自家製酵素ドリンクは危険

初心者必読。井戸水より危険なデトックスウォーター

美肌効果や整腸効果があると注目を集めるデトックスウォーター。実は騒がれているほどの効果は期待できません。
それどころか、中途半端な知識で飲み続けると危険も伴います。
NGワードをしっかりと把握し、それを回避してデトックスウォーターを楽しみましょう。

デトックスウォーターとは?

デトックスウォーターでGoogle画像検索すると、
デトックスウォーター
このような、まるでトロピカルドリンクを思わせるカラフルな画像が並びます。

そもそもデトックスウォーターとは、欧米の一部のセレブが好んで飲用していました。
それに美肌効果やダイエット効果、健康効果などの尾ひれがついて日本でも流行りだした偽りの健康ドリンク(飲料水)です。

作り方は簡単で、ミネラルウォーターにフルーツや野菜をカットし、さらに食塩やハーブなどを調合し、自分好みの味付けを施します。

確かにミネラルウォーターを飲むよりはおいしいです。
レモン、ストロベリー、メロン、キウイ…市販されていない自分好みの味を探求するのも楽しいものです。
また、それぞれが持ち寄った自家製のデトックスウオーターの品評会も、話題に事欠かないので楽しいですね。

デトックスウォーターは、気の合う主婦同志のティータイムに欠かせない存在となりつつあります。

デトックスウォーターの効果 ダイエット、美肌、健康、整腸

砂糖や甘味料を使わないデトックスウォーターは健康に良いと言われます。
ダイエット効果、美肌効果があるとされ、さらには血行促進や整腸効果で便秘解消作用もあると言われています。
これらはあながちウソではありません。

例えば、目に良いとされるブルーべーりで作られたデトックスウォーターは眼精疲労に効果があります。
このように、改善したいと考えている部位に効果のある野菜や果物をデトックスウォーターとして飲用すれば、効率的にその栄養素を体内に取り入れることができます。

だから、効果があるかないかという視点からすれば、確かに効果はあります。

が、しかしです。
その効果を狙ったサプリメントに比べると、1/10いや、1/100以下の効果しかありません。

美肌効果を狙う場合、キウイフルーツで作ったデトックスウォーターはビタミン豊富で効果も期待できるでしょう。
でも、マルチビタミン等のサプリメントを飲んだ方が摂取できるビタミンの質、量ともに勝っていて、かつ価格も安いことに気付くでしょう。

すなわち、栄養摂取という面ではデトックスウォーターはとても非効率な方法であると言えます。

デトックスウォーターで効果はあるの?という問いには、
水を飲むよりマシ、程度と考えていた方が良いでしょう。

デトックスウォーターは危険? 腐敗対策

デトックスウォーターを飲用する際の注意点ですが、大きく2つに分類されます。
1つは作成過程における注意点、(雑菌混入)
2つめは保管、飲用に関する注意点です。(腐敗)

作成過程における注意点

容器について
しっかりと密閉できるふたのついたガラス製の瓶を使いましょう。
中性洗剤でよく洗い、よくすすぎ、しっかりと乾燥させた後につかいましょう。

水(または炭酸水)について
必ずミネラルウォーターを使いましょう。
カルキの溶け込んだ水道水は使わないで下さい。
井戸水は雑菌混入のおそれがあるので使わないで下さい。

果物、野菜について
缶詰は安全ですが糖分が多く含まれます。
また、滅菌処理をされていますので果物に含まれる酵素類は死滅していると考えて下さい。
栄養素補給が目的の場合は使わないようにしましょう。
ティーパーティの話題目的等で美味いデトックスウォーターを楽しむためであれば、缶詰はおススメです。

果物や野菜の皮ごと使う場合には、防カビ剤やワックス類をよく落としてから調理しましょう。
なにより、雑菌混入に注意して下さい。

飲用、保管における注意点

飲用について
水分の大量摂取は身体に悪影響を与えます。
飲用はおいしく飲める程度にし、無理な飲用は避けましょう。

保管について
おおむね24時間までと言われていますが過信は禁物です。
飲む3時間前に作成し、冷蔵庫でよく冷やして飲用し、残ってしまった分は捨ててしまいましょう。

デトックスウォーターは調理品です。
必ず密閉し、冷蔵庫で保管します。
特に食中毒の季節には最新の注意をはらい、味がおかしいと思ったら飲用を中止して下さい。
加熱処理をしていないので、調理時に入り込んだ雑菌(微生物)は生きているということを認識しておくことが重要です。

自家製酵素ドリンクはさらに危険

デトックスウォーターよりもはるかに危険度が高いのが自家製の酵素ドリンクです。
果物や野菜を発酵させて作る酵素ドリンクは身体には良いのですが、それはちゃんと発酵した場合の話です。
発酵と腐敗の区別は難しいので生半可な知識で手を出すのはヤメておきましょう。

キモは常温放置

酵素ドリンクは、その作成過程に常温放置があります。
常温で4,5日放置して発酵を待つわけですが、防腐剤も入っていない生ものを放置するんですよ。
しかも砂糖をふんだんに入れるから糖分もたっぷりです。
さらにご丁寧に暖かい場所に密封せずに置いておくんです。

たとえば、36℃の場所に4日間放置した水道水を飲めますか?
カルキ(塩素)の入った水道水でさえ、飲むことに抵抗があるはずです。

腐敗 三角コーナー果物や野菜をカットして放置しておく。
何か思い浮かびませんか?
そう、台所の三角コーナーです。

意図通りに発酵してくれるとは限りませんよ。
もし腐敗してたらどうします?
いや、たいていは腐敗しますって。

もちろん、自家製酵素ドリンクの作成過程と台所の三角コーナーは違いますが、大差無いと思いませんか?

飲用、保管における注意点

飲用について
味がおかしいと思ったら、ためらわず破棄しましょう。
確かに市販の酵素ドリンクは高値なので、安値な自家製酵素ドリンクを作りたくなる気持ちはわかりますが、腐敗の可能性があるということを頭においておきましょう。

保管について
自家製酵素ドリンクの場合、野菜や果物をカットしてから間違いなく4,5日が経過しています。
なので長期保存はできないものと考えて下さい。

いずれにしろ、自家製酵素ドリンクには危険な要素がたくさんあります。
ネット上のレシピに頼るのではなく、しっかりと講習を受けた上で自家製酵素ドリンクの手作りにチャレンジしましょう

まずは市販されている酵素ドリンクを飲んでみて、本物の酵素ドリンクを知ることも大切です。
カルシウムとマグネシウムが豊富、飲みやすくフルーティー、
【Natural Healthy Standard.】ミネラル酵素ドリンク <りんご味>
飲みやすいリンゴ味の酵素ドリンクがおススメですね。

おススメのデトックスウォーター

確かにサプリメントや栄養食品に比べると、各段にコストがかかり、そのわりに効果の薄いデトックスウォーター。おススメできる要素がまるで無いようですが、実は違います。

1つはおいしく水分補給ができること。
やたらと糖分が多いコーヒーやジュース類をガブガブ飲むのは身体に良いとは言えませんよね。
また市販の青汁もまずくて飲めません。

デトックスウォーターなら飲みやすいように自分好みに味付けできるのですから、存分に水分補給をすることができます。

ここで「うんち.com」ならではの便秘解消に効果のあるデトックスウォーターの作り方の紹介です。
名付けて「塩レモン水」…そのままですが(笑)

多くの方が絶賛しているように、朝一の塩レモン水は便秘に効きます。

作り方

  1. 小さめのコップにミネラルウォーターそそそぎます
  2. スライスしたレモンを普段より多め(2枚?3枚)いれます
  3. ミネラル塩(なければ塩)を入れてよくかきまぜます。

味は好みで調整します。塩分はなるべく少なめにすると良いでしょう。

この方法では、レモンの皮をよく洗うぐらいの注意点しかありません。
飲める分だけ作って、すぐに飲んでしまうので腐敗の心配もいりません。
ミネラルウォーターを冷やしておくことで、真夏でも美味しく飲用することができます。
即効性は無いですが、数日続けることで、朝の便意が戻ってくることでしょう。

さらにデトックスウォーターの最大の売りと言えば、見た目のきれいさ、おしゃれさです。
水分補給が楽しくなりますね。
さらにここで便秘解消サプリメントを服用することで、本当の意味の便秘解消デトックスウォーターの出来上がりです。

 ─ 健康は富に勝る。 ─
毎日の健康を考えた【Natural Healthy Standard.】の
ミネラル酵素ドリンク<りんご味>。
カルシウムとマグネシウムが豊富、飲みやすくフルーティー。

ページ上へ

トップページ