大腸憩室炎の予防は食事と排便管理

大腸憩室の炎症は便秘解消が最大の予防策です

こんにちは。うんち.com管理人のたれ蔵です。

大腸に憩室があると診断されて30年。
大腸憩室炎での入院は2回。1年に2〰3回は大腸憩室炎が原因の腹痛で1週間の欠勤。
ギリギリで大腸憩室炎での手術を免れた過去を持ちます。

大腸の憩室と30年付き合ってる体験をもつたれ蔵だからこそ知りえた炎症を未然に防ぐ食事管理。
便秘体質を改善して大腸憩室と上手に付き合っていきましょう!

大腸憩室炎を発症した人が身近にいる場合は、右カラム最上段の「日本消化器病学会(大腸憩室症の写真と説明(特に5:治療)」を一読してから、うんちcomの情報を閲覧すると、より理解が深まると思います。


大腸憩室炎のピーク時の痛みはまさに悶絶。
歩けない、動けない原因不明の腹痛で即入院。
腹痛の原因は大腸(盲腸の切除部分)にできた憩室でした。それが30年前。
そして憩室の存在を忘れた頃に再び襲ってくる大腸憩室炎の激痛。
短期で炎症を繰り返した時には、医者から「炎症を起こしてる憩室部分を切除するか」と手術一歩手前の悪化した状態でした。

結局ごねて手術せずに無事退院したんだけど、年に数回の腹部激痛に襲われ病院通い。
そんな生活が15年間も続いたのです。

大腸に出来てしまった憩室は一生治りません。
だけど憩室は、炎症を起こさなければ何も悪さをしないことも知られています。数に差こそあれ加齢とともに増えていくものだから、もし貴方が50代であれば必ずあります。
きっとアナタも憩室持ちのはずです。

実は今のたれ蔵、そんな大腸憩室炎での手術の恐怖から約10年間解放されてます。
なぜか?
毎日の排便習慣が大腸憩室炎の予防になることに気付いたからです。

便秘しない、というよりは、しっかりと出してしまうことを意識しています。
ダイレクトに効果があるのは便秘解消です。
そして、そのための食事の見直しです。

このページに書いてあることを実践して、貴方の大腸憩室炎を100から0にすることはできませんが、100から50へは確実に移行します。
是非、うんち.comの大腸憩室炎体験談をもとに公開した情報を参考にして便秘解消、食生活の見直しに取り組んで下さい。

大腸憩室炎が悪化し出血したら、大腸切除の大手術ですよ。
そうならないための術がここに書かれているのです。

薬で速攻 便秘解消

今うんち出したい 出ない。今日も出ない。昨日も出てない、その前は…

今すぐ出したいけど病院へは行きたくない、行く時間が無い。
そんな場合は薬の力を借りるしか方法はありません。
すぐに近所のドラッグストアへ走りましょう。

薬の服用を考える場合、選択肢は2つ。
浣腸を使って速攻で出すか、下剤を使って数時間後に出すかです。

浣腸は5分〰10分で便秘の苦しみから解放されるのでおススメです。
肛門から薬を注入するのは慣れないと怖いですが、案外すんなりと入ります。慣れたら常備薬として家に置いておくと安心です。

次に便秘薬のお話ですが、
医療現場で古くから使われている酸化マグネシウム便秘薬(必ず薬剤師に相談)がおススメです。
商品名は、マグミット、マグラックスをはじめ、〇〇マグとかマグ〇〇な感じなのですぐに見つけられると思います。

便秘薬(下剤)は効果が出るまで数時間かかります。飲むタイミングを考えることも必要になります。

便秘薬は確実に効果が出ます。
でも便秘薬や浣腸では便秘体質は解消しないということを覚えておいて下さい。
溜まった便を強制的に排便しているだけですから、同じ生活をしていたら、また便秘をします。

繰り返しますが、身体を楽にしてあげるために薬を使うんです。
溜まった便を出してからが本当の意味での便秘解消作業となるのです。

便秘により腸内圧が上がり、大腸壁の弱い部分がポコッと外に飛び出します。
これが憩室です。
また、排便時に力むことでも腸内圧が上がり、さらに憩室を増やします。
そもそも憩室ができなければ、その憩室が炎症を起こすことは絶対にないのですから、普段から便秘をしないように心がけることはとても大切なことです。

生活習慣の見直しで便秘解消 食事と水分補給

生活習慣の改善を本気でやる つらかった便秘も薬でスッキリしました。でも本当の便秘体質改善はココからなんです。今貴方はスタートラインに立ったところです。

基本となるのは食事と水分と運動(マッサージ、ツボ含む)です。
ここでは、もっとも大切な毎日の食事と水分補給について説明します。

結論を先に書いてしまうと、
朝…バナナ、ヨーグルト、はちみつ、海藻サラダ
昼…和食、みそ汁
夜…温野菜、魚、ごはん、納豆、ノリ、漬物、みそ汁
水分…カフェイン禁止

もちろんこれは、なんらかの疾病で食事制限をしていない方が対象です。既に食事制限をされている方はお医者さんに相談して下さい。

まず食事の考え方ですが、量は少なくてかまわないので3食しっかりとるようにしましょう。
食事で意識することは、
1:善玉菌のエサとなるオリゴ糖の摂取
2:善玉菌の増殖を助ける納豆菌、乳酸菌を摂取
3:便のかさを増すための食物繊維の摂取
の3つです。

健康のためには好き嫌いぜす、3食しっかり食べることが推奨されてます。
しかし、便秘体質解消という目的を考えた時、摂取すべき栄養素を意識しながら食事を選ぶ必要があります。 場合によっては栄養補助食品やサプリメントの服用が大きな助けになる場合があります。
 
もし貴方が主婦であったなら、栄養素を解説した冊子があると良いでしょう。上の冊子を買えというのではなく、書店に行けば似たような本がたくさんあります。家庭に1冊置いておきましょう。

水分補給について

便秘と水分補給やわらかい便を出すためには水分補給をしっかりと行う必要があるという話はよく聞きますが、ウソ情報です
たしかに朝一のコップ一杯の水が便秘解消に効果があることは事実です。
でもそれは、水が胃を刺激し、消化器官に刺激が伝わり、結果、大腸も活動するからです。

逆に、私たち大腸憩室持ちの人は冷たい水は控えましょう。
冷水ほどの便秘解消効果は得られませんが、湯冷ましを飲むようにしましょう。


次に昼間の時間帯での水分補給ですが、大腸憩室持ちの場合の注意点は2つ。
1:お腹を冷やす氷は夏場でもダメ
2:カフェイン(コーヒーやお茶など)をなるべく回避する


2のカフェイン回避についてですが、カフェインは腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を抑えてしまう働きがあるので、便秘症の人は控えた方が良いという程度です。

さらに付け加えると、腸を刺激する炭酸水も効果があることを覚えておくと良いでしょう。


1日に2リットルの水分補給が便秘に効果があるというのも当然ウソです。
(他の効果については個別で検索して下さい)

大量に水分を摂取しても、その大半が小腸で吸収されてしまいます。
水分を多くとれば便が柔らかくなりそうなもんですが、そんなことしなくても小腸から大腸へ入る時の消化物はドロドロです。
そこからさらに大腸でも水分を吸収するのです。

便が硬いから大腸に溜まって便秘になるのではありません。
便秘になったから便が大腸に留まって硬くなるのです。

順序を間違えないように。

つまり、大腸のぜん動運動を活発化し、便をはやく通過させてあげれば、ほどよい硬さの便が出ます。
人間の身体は機能的に出来ているのです。

便秘に効果のある運動

便秘体質改善に運動は欠かせません。日常の健康維持を考えると身体を動かすことは当然書かなければならないことですが、ここでは特に便秘に効果のある運動を紹介します。

毎日ジョギングなどの運動を行っている方には不要な情報ですので読み飛ばして下さい。

うつ伏せゴロゴロ運動

うつ伏せゴロゴロ運動は名前の通り、うつ伏せでゴロゴロするだけの簡単な運動です。 腸に溜まったガスを排泄することで悪玉菌の増殖を抑える効果があります。
うつ伏せゴロゴロ運動は誰にでもできる簡単な運動です。

1:布団などにうつ伏せになってしばらくじっとしています。
2:10分ほどしたら、左または右にごろっと回転します。
これを4,5回繰り返します。
たったこれだけ、簡単でしょ!

つま先立ち運動

つま先立ち運動も便秘に効果があるということで有名な手軽にできる運動です。血流が良くなるので新陳代謝が活発になります。

気軽に行えることが利点ですが、 ふくらはぎや足首にかなりの負荷がかかります。そのため太った方や高齢者の方にはリスクが伴いますので注意が必要です。

はじめは無理をせず、思いついた時にちょっとだけつま先立ち運動を行ってみる程度が良いでしょう。
歩行が困難などの理由でできない方は、長座してふくらはぎとふとももの筋肉に力を入れる方法で代用しても良いかもしれません。

足の筋肉は心臓へ血液を送り返すポンプの役目があります。
運動ができない方は、テレビ閲覧しながらでも足の筋肉を意識して収縮させるようにしましょう。

即効性が期待できるマッサージ

お腹を時計回りに回すマッサージは即効性のある便秘解消マッサージとして有名です。
適度な押圧で、お腹全体をグルグルとマッサージします。
排便前、または排便途中が効果的です。
これは効果絶大です!

たれ蔵は盲腸の手術跡があるので、そこからスタートします。
大腸への刺激を感じながらゆっくりと回します。
左下に向かう時には便を押し出すイメージを持つと良いでしょう。

お腹マッサージの注意点は、あまり上までマッサージしない事です。
胃袋が過剰に反応して気分が悪くなります。
大腸をマッサージしているということを常に意識して行いましょう!

ツボ

人気アニメ「北斗の拳」では、主人公のケンシロウが経絡秘孔を突くことによって相手を滅殺します。
知らない方、ごめんなさい。

経絡秘孔は大げさにしても、古来より「ツボ」を刺激して体調不良や不眠、そして便秘を解消する方法が存在します。
気血の流れを良くすることで症状が改善するわけですが、西洋医学ではその理由は実証されていません。真意は定かではありませんが、間違いなく効果があります。
精神面での効果が大きいのかもしれませんが、持続してマッサージすることで便秘解消の効果が期待できます。

但しこれは食事量や運動などと並行して行う必要があります。
たれ蔵自身、ハリ治療などの経験がないため、こんな方法もあるということで書いておきました。
興味ある方はネットで検索してみて下さい。

便秘に効くツボは天枢、大巨、気海、支溝、間使ということです。

便秘の定義

何度も書きますが、便秘は大腸憩室炎を引き起こす大きな原因です。便秘の定義を最後に書いておきますので、自分が便秘かも?と思ったら、すぐに病院へ行くなり、薬局へいって薬を買うなりして下さい。

便秘か否かを的確に判断できるのはお医者さんだけです。
おおまかな定義はありますが、個々の体格や食事量、運動量によって差がありますので参考程度の資料として読んで下さい。

1:排便回数が週に3回未満
 該当する人は多いのではないでしょうか?
2:便が硬い日が多い
 するっと出ない人は便秘予備軍です。コロコロうんちも該当します。
3:排便時に力まないと出ない
 今のたれ蔵は排便時に全く力みません。そもそも下腹部に力を入れないと排便できない人は便秘予備軍かもしれません。

医学的にはまだまだ定義があるようですが、簡単なものだけを並べてみました。
基本的には、便がでなくて苦しくなったり心配になったりした時が「便秘」と言えるのかもしれません。

お疲れ様でした。
長く解説してきましたが、便秘は大腸憩室炎を引き起こす大きな要因です。
その存在がなくなることがない憩室。
そこに便がつまり、細菌によって炎症を起こしてしまうのが大腸憩室炎です。
だから毎日がスムーズな排便ならば、憩室が炎症を起こすリスクが激減します。
そしてスムースな排便を促す食事を意識することが必要となります。

もし便秘が長く続くようなら、やはり1度病院へ行って検査を受けて下さい。

毎日の快便は元気の源です。
あなたも快便スッキリ生活で活力ある毎日を送ることができるよう頑張ってみましょう。

◆広告◆

更新情報・お知らせ

20XX/00/00
**********NEW
20XX/00/00
**********
20XX/00/00
**********
20XX/00/00
**********
20XX/00/00
**********
2017/06/20
大腸憩室炎予防のための食事のこと、便秘のことを書きました。
2017/05/01
ホームページ作成開始

メニュー

運営者情報

ページ上へ